ハクビシンによる被害

見た目のかわいさにダマされないで!ハクビシン駆除の必要性とその被害

野生動物であるハクビシンはもともと野山に住む動物ですが、自然環境の変化のせいか、近年では首都圏の街中、住宅地などでも目撃・捕獲されるようになってきています。ハクビシン駆除を得意とするAAAホームサービス株式会社では、さまざまなハクビシン被害に対応してきました。こちらでは、ハクビシンによってもたらされる生活被害・健康被害についてご説明します。

ハクビシンによって引き起こされた被害

ハクビシンは木登りが得意であるため、天井裏にも簡単に侵入します。また、頭部が入る場所ならどこからでも入り込めます。具体的には4cmほどの隙間があれば、簡単に侵入できてしまうため、天井裏・床下・物置の中などが格好の巣作りの場となっているのです。

ボロボロになった断熱材~住宅被害~

屋根裏の断熱材が食い破られ、引きちぎられると、ふかふかとしたハクビシンにとって快適なベッドになります。そして、そこをねぐらに住み着いてしまうことがあります。

ハクビシン駆除の経験が豊富な当社では、ハクビシンの捕獲・駆除はもちろん、侵入経路をネットなどでしっかりとふさぐ防護策のご提案も可能です。ハクビシンだけでなく、ネズミなどの小動物の侵入も防ぐことができます。

トイレにされた屋根裏~糞尿被害~

屋根裏の断熱材をベッドにするだけでなく、ハクビシンの多くはそこをトイレにしてしまいます。糞尿の臭いは強烈なため、臭いで動物の存在に気づくケースも少なくありません。ハクビシンは、同じ場所に排泄する習性があるため、ひどい場合は糞尿で天井板が腐ったり、重さで抜け落ちたりしてしまうこともあります。

当社では、糞尿の清掃(殺菌・消毒)サービスも行っています。また、糞尿によって腐ったり汚れたりした天井や壁の修理・修繕も手がけております。ご相談いただければ、捕獲・駆除から清掃・修繕までおまかせいただけます。お見積もりは無料ですので、お気軽にご相談ください。

健康被害にもご用心!

ハクビシンの侵入で気をつけたいことは、住宅への被害だけではありません。ハクビシンが人間の健康に被害をもたらすことも往々にしてあるのです。

ハクビシンの体にはノミ・ダニがいます

ハクビシンは野生動物のため、ほとんどの個体がノミ・ダニを保有しています。屋根裏にハクビシンの侵入を許すことは、ノミ・ダニの侵入と繁殖を許すことと同じなのです。

多くのノミ・ダニは吸血性であるため、人間の血を求めて室内に広く拡散して繁殖します。刺されると、蚊に刺されたような跡ができますが、治りが遅く1週間ほど痒みが治まりません。柔らかい人肌を好むため、子どもや女性の肌、二の腕や腹部などを刺されることが多くあります。

さらに、ダニの死骸や糞、脱皮殻がアレルゲン(アレルギーの原因)となることをご存知の方は多いでしょう。ハクビシンの侵入によって、ノミ・ダニが住宅内に繁殖すると、こういったアレルゲンに触れる機会が増え、喘息やアトピー性皮膚炎の発症のリスクが高まるのです。小さなお子さんがいるご家庭では、できるだけこういった被害につながらないよう、気をつけたいものですね。

ハクビシンが持つ病原菌

ハクビシンは他の野生動物と同様に、多くの雑菌を保有しています。また、ハクビシンには、巣の周辺で糞尿をする習性があるため、決してきれい好きではありません。住宅の屋根裏などに住み着いた場合は、夏場など日中の気温上昇により、糞尿が溜まった場所でさらに雑菌の繁殖が進んでしまっているケースが多くあります。

PICK UP!ペットへの被害にもご注意ください!

ハクビシンは雑食性ですから、飼育している熱帯魚・金魚・亀、小鳥などのペットを食べてしまう被害も起こりえます。ニワトリなどの比較的大きな動物でもハクビシン被害にあった事例があるため、油断は禁物です。また、上記のようにノミ・ダニや病原菌を持っているハクビシンが同じ屋根の下にいることで、ペットの犬やネコにも何らかの健康被害が及ぶ可能性もあります。

お見積り・お問い合わせ

24時間365日受付!0120-6494-39

お問い合わせはこちら
Page top